できる審判に見える道具 #1 レフェリーウェア

少年団の審判 最大の敵?ギャラリーを黙らせる審判道具

少年団では大会で審判をやる機会が出てきます
審判がいないと大会に参加できません
審判を行うにはライセンスが必要です
そのためにチームのパパたちは週末1日かけて4級審判試験を受けに行きます

審判ライセンスを持っているパパが数人の場合、負担が多くなり
ライセンスを持っていないパパは試合を見に行ってもどこか申し訳ない気分になってしまいます

主審は試合中
ベンチのコーチたちから文句を言われたり
周りのママたちから「今の違くない?」とヒソヒソ話されたり
先輩審判から厳しく指摘されたり
大変ですよね

私はベンチでコーチが文句を行っているようだったら 試合を止めて走って聞きに行きますw
慣れてくると口の悪いコーチやギャラリーたちも楽しい要素に思えてきます

とは言っても、最初はやっぱり怖いですよね

そんな時に これを持っていれば
『あの審判すごくしっかりしている(ように見える)』
『今のミスジャッジに見えたけどあの審判が間違えることはないよね?』
と 思えてしまう(かもしれない)道具を紹介します

絶対になくちゃいけないもの

・レフェリーウェア

審判デビューの時に必ず用意するものですが これが一番重要です
ウェア選びに重要なのは

  • ダボダボサイズではなくジャストサイズを選ぶ
  • 多少高くても有名メーカーを選ぶ

サイズ選びは重要です
大きめのウェアは素人感満載です。多少お腹が出ていてもジャストサイズを選びましょう
お腹が気になるくらいの方が体型改善を心がけるようになります
試着をしっかりして選んでください

安い無名のメーカーのウェアもありますが高くても有名メーカーのものをお勧めします
なぜなら、審判同士のウェアが気になってくるようになります
「あの人 いいウェア着てる きっと経験豊富なんだろう(勝手な妄想)」
「あの人 最新のウェアじゃないか 負けた、、(勝手な勝負)」
「あいつ 安いやつ着てるから新米審判だろう(勝手な妄想)」
など、レフェリーウェアが一人歩きします

そのことに気づき もう一度買い直そうとすると
奥様から
「こないだ買ったばかりじゃない」
「一着あれば十分でしょ」
と、ものすごい反対を食らうことになります

私の場合3年間の間で
adidas→ATHLETA→NIKE と買い換えていますw

形から入るタイプの人間ですので最初は間違いのないadidasのウェアを買いました
しかし、大会では同じウェアの人だらけで面白くなかったため
3ヵ月後ATHLETAのウェアを買いました

ATHLETAはどこに行っても着てる人はいません
試合の時にも「どこで売っていいるんですか?」と聞かれるほど注目度も上がりました

ATHLETAはよかったのですが 息子が6年になる頃大きな大会で笛を吹くことが増えてきたのと
同じチームのパパがATHLETAのレフェリーウェアを着始めたのでNIKEに変えました
NIKEといっても普通に売っているものでは面白くないので 上記の写真にある
プレミアリーグ2016シーズンモデルを海外から購入しました
タイトなシルエットとポケットのシール加工 左胸はJFAになりますがなかなかかっこ良いです

というように審判をやるパパたちの中で、かっこいいレフェリーウェアをかっこよくきこなしているだけで数段有利にことが運ぶ(ことも)あります

最初だから、いつまでやるかわからないからといって適当に買うとどんどん審判が嫌になってしまします
かっこいいウェアを着ることができる
みんな見ているというモチベーションが審判をやる原動力になるよう慎重に選びましょう

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする